ホーム > 火災警報器の設置場所


火災警報器の設置場所

決められた場所に正しく設置。火災警報器の設置場所についてご案内します。

ご存知でしたか?火災警報機の設置義務化

火災警報機の設置義務化のイメージ画像

平成18年6月1日より、住宅用火災警報器の取り付けが義務付けられました。
新築住宅は平成18年6月1日より義務化。既存住宅は、遅くとも平成23年5月31日までに設置しなくてはなりません。
※既存住宅への設置義務化時期は市町村条例によるため、所轄の消防署へお問い合わせください。

火災警報機の設置場所

火災報知器の設置場所 イラスト1 火災報知器の設置場所 イラスト2

■寝室
普段の就寝に使われる部屋には必ず設置します。
子供部屋や老人の居室なども、就寝に使われている場合は設置が必要です。

■階段
寝室がある階(屋外に避難できる出口がある階を除く)の階段最上部に必ず設置します。

※上図は必須取付場所です。市町村によっては他の場所にも設置が必要な場合があります。詳しくは所轄の消防署へお問い合わせください。<煙式警報器の場合>

火災警報機の取り付け位置

天井に取り付ける場合
火災報知器の設置場所 イラスト3
警報器の中心が壁から60センチ以上離れるように設置します。
火災報知器の設置場所 イラスト4
梁などがある場合、梁から60センチ以上離して設置します。
火災報知器の設置場所 イラスト5
エアコンなどの拭き出し口、換気扇からは、最低1.5メートルの位置に来るように設置します。

壁に設置する場合 火災報知器の設置場所 イラスト6
警報器の中心が、天井から15~50cm以内の位置に取り付けます。
傾斜天井に設置する場合
消防法令による規定はありません。