ホーム > 火災警報器の設置義務


火災警報器の設置義務

住宅用火災警報器の取り付けが法律によって義務付けられました。

住宅火災による犠牲者を減らすために、消防法が改正され、 平成18年6月1日より、住宅用火災警報器の取り付けが義務付けられました。
新築住宅は平成18年6月1日より義務化。既存住宅は、遅くとも平成23年5月31日までに設置しなくてはなりません。まだ設置していないご家庭では、ぜひ早めに取り付けてください。

※既存住宅への設置義務化時期は市町村条例によるため、所轄の消防署へお問い合わせください。