ホーム > 火災警報器の種類


火災警報器の種類

火災警報器の検知方式について

火災警報器の火災検知方式には「煙式」と「熱式」があります。

煙式 火災警報器とは?

煙を感知して作動します。住宅用火災警報器の設置時には、おもにこの煙式のものが利用されています。 すばやく警報が鳴るのでほとんどのお部屋におすすめです。

熱式 火災警報器とは?

空気中の熱を感知して火災の発生を検知して作動します。日常的に煙や蒸気の多い台所に向いています。

火災警報器の電源方式について

火災警報器の電源方式には「電池式」と「電源式(AC100V)」があります。

電池式 火災警報器

その名前の通り電池により作動するものです。
電池式の場合には電池の寿命が来ると作動しなくなるというデメリットもありますが、電気工事などの専門的な知識がなくてもご自身での取り付けが可能です。電池残量が少なくなった際のお知らせ機能も搭載されていますので、電池が切れてしまう心配も少なくなっています。

電源式 火災警報器

家庭用電源から動作に必要な電力を得るタイプです。
配線による電源供給が必要となりますので配線などの都合上、電気工事が必要になりご自身での設置は出来ません。 新築・リフォーム時の設置をお考えの際には電源式 火災警報器がおすすめです。